医療検証

ヘルスケア分野の新しい技術が市場に出る前に、臨床的にテストされなければなりません(検証)。この医療検証に関しては、バイオズームは様々な医療学部の専門家と一緒に働きます。

抗酸化物質のレベルを決定する一環として、私たちは例えば教授と協力しています。Lademann, 「実験・応用皮膚生理学」部門長(Center of Experimental and Applied Cutaneous Physiology – CCP) 病院で Charité ベルリン.彼は非侵襲的な抗酸化測定の分野の主要な専門家の一人であり、私たちのデバイスを検証しました。この研究の一環として、バイオズーム装置で測定した測定値は、認識された参照系で行われた測定値と一致することが実証された。

心拍変動を決定する分野で, biozoom 教授と協力しています。博士. Thomas Loew, レーゲンスブルク大学病院のPシクーソマティック学科長。 彼はまた、ドタウスタウフクリニックのMedicina Pシクーソマ科の責任者であり、2012年以来、「心身症医学と心理療法のためのヨーロッパ医師協会」の副会長です (Association of European Physicians for Psychosomatic Medicine – AEPM)”.

 

その結果はバイオフォトニクス誌に掲載された(1-9、2012年) (タイトル: “Comparison of two methods for noninvasive determination of carotenoids in human and animal skin: Raman spectroscopy versus reflection spectroscopy” – ヒトおよび動物の皮膚におけるカロテノイドの非侵襲的決定のための2つの方法の比較:ラマン分光法と反射分光法)。

  • 病院での医療検証Charité ベルリン「皮膚生理学」部門,2012年
  • 学校研究, 2013年
  • 新生児との科学的研究,2015年
  • NASA宇宙研究第1四半期~2016年
  • “Multiple spatially resolved reflection spectroscopy for in vivo determination of carotenoids in human skin and blood, 2016” (「ヒト皮膚および血液中のカロテノイドの生体内定量のために空間的に解いた多重反射分光法」)

抗酸化測定の分野では、教授とのコラボレーションを行っています。. Lademann 約10年間. 彼は非侵襲的な抗酸化測定の分野で世界有数の専門家の一人です。このため、biozoom 教授に頼った。 Lademann スキャナーの検証. この研究の一環として、バイオズーム装置で測定した測定値は、認識された参照系で行われた測定値と一致することが実証された。結果は、”Journal of Biophotonics” (1-9, 2012) (タイトル: “Comparison of two methods for noninvasive determination of carotenoids in human and animal skin: Raman spectroscopy versus reflection spectroscopy” – ヒトおよび動物の皮膚におけるカロテノイドの非侵襲的決定のための2つの方法の比較:ラマン分光法と反射分光法)。
測定値の妥当性により、バイオズームスキャナは臨床使用においても試験されます。Lademann これは、とりわけ、特定の化学療法剤の使用の結果として化学療法で起こり得る「手足病」を研究するために、システムを使用しています。化学療法剤は皮膚の汗を通り、非常に炎症の多いプロセスを引き起こし、治癒する必要があります。
食生活の影響をテスト,社会文化的習慣と抗酸化物質のレベルに要因は、別の博士課程の研究の中心的なテーマでした.
John オスナブラック大学は、職業医学の分野でシステムをうまく使用しています。

In einer wissenschaftlichen Studie von Prof. Lademann/Charité Berlin mit 50 Schülern wurde nachgewiesen, dass die Messung von Antioxidantien beim Nutzer zu einer positiven Veränderung seiner Ernährungs- und Lebensgewohnheiten hervorruft, denn Messergebnis und Verhalten sind direkt gekoppelt. Gehen die Veränderungen in die richtige Richtung, steigen die Messwerte, was den Nutzer bestärkt sein aktuelles Verhalten beizubehalten, z.B. in dem er mehr Obst und Gemüse isst. Gehen sie in die andere Richtung, justiert er sein Verhalten so lang neu, bis steigende Werte ihn auf den richtigen Weg führen. Vor diesem Hintergrund verbesserten die Schüler ihre Messwerte innerhalb eines Monats im Durchschnitt um einen Skalenwert. Um die Verstetigung zu überprüfen, wurden sie nach sechs Monate erneut gemessen. Gegenüber dem Ausgangswert zu Beginn der Studie lagen die Durchschnittswerte noch etwas höher. Darüber hinaus hatten 41% der Raucher das Rauchen aufgegeben, da Raucher im Normalfall niedrigere Messwerte haben als Nichtraucher. (siehe Journal of Biophotonics 1-12, 2013 (Titel: “Spectroscopic biofeedback on cutaneous carotenoids as part of a prevention program could be effective to raise health awareness in adolescents”)). Die Ergebnisse zeigen, welchen Einfluss die Biofeedback-Messung auf das aktuelle Verhalten des Menschen hat.

ロストック大学の博士課程では、妊婦と新生児の抗酸化物質のレベルが研究された。 妊娠と出産の間にフリーラジカルの増加がある傾向があることは知られています。.生後1ヶ月の新生児死亡の最大80%は、フリーラジカルの形成に関連する疾患によって引き起こされる。この研究では、分娩中および出生後1日、新生児が有意に高いレベルを有する間、母親の抗酸化物質のレベルが劇的に低下することが発見された。場合によっては、測定の助けを借りて生年月日を予測することさえできます。
ロストック大学の別の研究では、助産師のシフトワークの効果をバイオズーム測定装置の助けを借りて研究しました。その結果、シフトワークストレスと抗酸化レベルの間の逆相関が生まれました。言い換えれば、シフト勤務によって引き起こされるストレスが大きいほど、助産師の抗酸化レベルが低くなります。
完全な検索は、ここでダウンロードすることができます。
抗酸化物質の測定が医学的および科学的に国際的に認められているという事実は、NASAの宇宙計画におけるその使用によっても実証されています。バイオズーム測定装置はプロジェクトの一部です “Human Exploration Research Analogue (HERA) Campaign”と中国でのNASAの次のプロジェクトのために米国で使用されます „Effects of 30 days of Isolation and Confinement on Hippocampal Volume and Visuo-Spatial Memory” (「海馬の体積と粘度空間記憶に対する30日間の隔離と閉じ込めの影響」)。主な目的は、HERAの生息地における孤立が構造的および機能的脳可塑性、認知能力および主観的. 幸福および神経生理学的バイオマーカーとの関係に及ぼす影響を研究することです。プロジェクトは、科学的にサポートされています。”Deutsches Zentrum für Luft- und Raumfahrt (DLR)”.
本研究では、次の方法をベースに改善 “Multiple spatially resolved reflection spectroscopy” (MSRRS). その結果を「標準」共鳴ラマン分光法を用いて得られたものと比較し、カロテノイドの総濃度(R-0.83)とリコピン(R-0.80)に対して強い相関を示した。測定の安定性は、全温度範囲で5C〜30°C及び800Paから18000 PaまでのMSRRSセンサとの間の圧力接触において10%より優れているか確認した。